HDLX-2416を3連にしてみる

最終更新日

Avago(=Broadcom)のLED表示器の動作確認ができたので、いっそのこと3つ使ってみようとおもいたち、基板に半田しました。

最初2連でプリント基板で作ろうと作業していたのですが、三連でやろうと一念発起?し、デジタルIC用万能基板で手配線してみました。(三連だと両面のプリント基板のアートワークが複雑すぎて自信が持てなかった・・・)。

この手のデバイスはランドが繋がっているデジタルIC用基板が楽なのでした。

この程度の範囲で切り出します。

久しぶりにそれなりの配線数を半田したのですが、以前よりかなり下手になっているのがわかります。少し反省。

表面には配線はほどんどありません。表示器を除く部品も全部裏側です。

ArduinoからSPIでコントロールしますので6pinのヘッダをArduino規格で配線し電源もそこらかとるようにし、CSの信号線を別途2pin(CS+GND)でつなぐように配置しました。

左上に6pinと2pin(黄色)のピンヘッダがあります。

 

 

あ、動作確認はまだです。

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする