発作的にポチったuBITXが到着してしまった

(6月26日追記:この記事を書いてから4ヶ月塩漬けしていたuBITXですが、ようやく結線・通電をしました。その記事はこちら。)

冬はお酒がすすむので、発作的になにかをポチる→注文したことを忘れる→届いてびっくり、というのがありまして、この前の冬はSDRplayのRSP2がその買い物でしたが、この冬もやっちゃったようです。

二ヶ月以上前に発作的にμBITXをポチっていたらしく、本日到着しました。paypal住所が日本語の場合、出荷準備が整うとアルファベット表記の住所問い合わせがメールされるので、突然到着というわけではなかったのですが、それでも、またやっちまったなあ、という感じです。

かなり楽しめそうな感じの製品です。いつになったらケース入れを出来るのか不明ですけど、とりあえず回路図だけは印刷しました。

アナログ回路の方は、A4PDFだとハズキルーペを持ってしてもほとんど解読不可能な小ささなので、acrobatで分割して二枚を貼り合わせA3版化して眺めております。

でもArduino Nano(の互換品?)とSi5351クロックジェネレーターが載っているデジタル回路はハズキルーペなしにA4でも読めます(えへん)。

7805がいかにもハンドメイドっていう感じのデジタル基板

まずはArduino Nanoじゃなくてもう少し処理能力のあるMCUに付け替えて、displayもTFT化しようかなと思っております。ATMEGA 2560で2.8inch TFT表示させている作例などが興味深いですね。Si5351Aのstrawberrylinuxモジュールもなぜか持ってるので、いずれにせよこの部分は基板を起こす予定です。

 

 

2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする