賀正:1999年製パナソニックのチタンバイクを分解掃除する日々ーその2

最終更新日

年が変わってしまいました。20年前のロードバイクのオーバーホール話の続きです。作業は昨年中に終わってました。

前回記事はBBが外れないというところまででした。

結局ラスペネをかけて一日おき、ゴムハンマー+モンキー+BBソケットリムーバーでこつこつ刺激したら外れてくれました。

あとはシコシコと各部品を分解掃除、グリスをつけて組みなおしました。特にリアディレイラーはすごい様相になっていたので、かなり丁寧に掃除しました。

グリスは選定で悩みましたが、とりあえずボルト関係にはパークツールのASC-1にしました。

フロントフォークはスレッド式で手間がかかりそうなので今回は手をつけませんでした。もう少し自転車整備になれてから挑戦します。

チェーンとブレーキ・シフトワイヤーは新品に交換しました。一応shimano純正品。ワイヤーはみたところへたれてはいなかったのですが、20年の経年劣化を恐れ取り替えました。より線式のステンワイヤーは他の工作にいろいろ使い回せるので外したワイヤーはジャンク箱にストックしておきます。

問題はペダルです。SPD-Rのシューズなるものがもはやありません。で、 SPDにするかSPD-SLにするか悩みました。今乗っている自転車(Bianchi zurigo 2015 version)はSPDなので靴も兼用できるんですがSPD-SLにして靴も買っちゃいました。もちろんトライアスロンを再開する予定はありません・・・が、なんとなく。。。いずれも価格帯がエントリーモデルのshimano製。

写真の左にあるのが、取り外したデュラエースSPD-Rペダル。いまやshimanoの徒花と称されたりする。

さらに頭をかかえたのはSTIでした。フロント2速、リア9速用のSTIを新品でそろえるとするとSORA系のものしかない。で、SORAなのに?二万円近くするわけで・・・中古を探しました。Tiagra,105の旧9速というのも選択肢ですが、結局3000円のオークション即決価格でSORAのST-3500があったので入手しました(105の旧9速落札で敗北)。

あとはハンドルにテープを巻いて、ローラー台にとりつけてポジションをテキトーに出し、一応作業はおしまいにしました。タイヤはつるつるの23Cです(ホイールは練習用のMavic MA40 36H)。20年の経年劣化もものかわ、とりあえず、ここ一週間この子でローラーを回してます。Mavic MA40は25Cも大丈夫なようですが、一応25C対応の安いリヤホイール(WH-RS100)も手に入れてしまったので、時間をみつけてあれこれとりかえようかとおもいます。

いまのところローラー台用自転車ですが、春に向けてどう整備するか、あれこれ考えている2019年正月の日々であります。

外は白い雪の夜。はやく春にならないかなあ。

 

 

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする