アンパンマン人形を修理した

電池で動くアンパンマンが壊れたので直せ、という指令があったので、修理しました。

やってきたアンパンマンは、足と腕が外れているという状態です。腕はともかく、足は後述するようにシャフト部分の樹脂が割れてしまっているので、修理は大変そう。

さらに動かなくなってもう何年もたっているという話でありまして、分解してみると案の定電池ボックスには白い粉を噴いたアルカリ電池がこびりついておりました。かわいそうな状態であります。

 

まずはともあれ、電池ボックスの電極をそれなりに掃除して電気系統が生きているかどうかチェックすると、なんと動くではないですか。このアンパンマン君は、外部の音を受けると、電子ICに録音されている音声をスピーカーで流しつつ、歩き回る、というよくあるパターンのもの。

音声が録音されている電子ICは、お約束のようにsanhayato商品名で言えば「インペイブラック」にて固められています。

となると、(1)足の部分もちゃんと機構的に動くようにする、(2)基板洗浄・半田クラック修復・リード線のとりかえ、この二つをやれば、元気に歩き回ってくれそうです。

(2)は単純作業ですけれど、(1)壊れた足が駆動するようにするのは結構厄介なのでこちらを先に作業します。うまくいかなかったら、電気動作はあきらめてもらってボルトで足固定するしかありません。

足は、モーター>歯車ー>クランクで駆動しますが、その足を支える樹脂製シャフトが折れています。ということは・・接着剤は期待できません。まあ、かりに接着できるものがあったとしても、加わる負荷から言って、接合部はすぐに割れること請け合いです。

多分POM樹脂だと思うので、タッピングビスがそれなりに利いてくれると読んで、アルミ板で割れた部分を接合することにしました。これがだめなら可哀相ですがボルト固定(以下略)。

折れたシャフト
シャフトを接合するボックス箇所

2mmのタッピングビスを二個使い、L型に加工した1.5mmのアルミ板で渡しをつけます。

L字のアルミ部分の黒いものがシャフトを固定するビス。シャフトとボックス面が直角になっていないのは、設計上の工夫です。なお、気休めで、瞬間接着剤を上から塗っています。
L字アルミをボックスに固定するビス部分。ここにも気休めの瞬間接着剤。。上のステンレスピンは足のクランクの支点になっています。

結果は一応OK。一応というのは、当分壊れなさそうという点では合格ですが、両足のシャフト角度が違っているためか、まっすぐではなく、少し曲がって歩くのです・・・・・。

腕のほうは外れただけなので、胴体にはめ込めばなんとかなります。

電動復活の目処がついたので、電池ボックスの清掃と基板掃除を開始。これが一番時間がかかりました。電極や半田ランドに付着した不純物を地味にピンセット・綿棒でこそげとり、無水エタノールやピカールで磨くだけの地味な仕事。

触っただけで外れるほど腐食していたので、リード線もほとんど全部取り替えました。
ここの掃除だけで1時間以上かかりました・・・
基板表面の部品はこんな感じ。一昔前のいわゆる「中華クオリティ」基板。

あとは腕、足、基板を胴体にとりつけます。背中からヒップのラインをみると、かなり鍛えた肉体であります。

背中の電池ボックス蓋の表面にmade in CHINAの文字。

服を着せて、作業終了。ここまでで、作業総時間は6時間越え。まあ一日仕事です。おもちゃ病院がボランティアベースでしか成立しないのがよくわかる経験でありました。楽しかったですけど。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする