作業部屋の構成配置を大幅変更した如月弥生の日々

二月頭の雪掻き中に、左の人差し指を車のドアで思いっきり挟んで、爪が・・・破滅・・心も少し折れましたが、ようやく日常復帰しました(でもまだ爪が生え替わっていないので絆創膏は欠かせないのです・・・)。

この間、キーボードを無闇やたら叩くとか、電子工作をするとか、人差し指周辺に負担がかかる細かな動作のHPがゼロ近くを推移し続け、昨年秋からはじめたプール通いも中断を余儀なくされる。爪は大切でありますよ。ホント。

じゃあなにをやっていたかというと、腕っ節でなんとかなる作業室の整理・整頓、これです。

わたしのところは、1階が天井高2m程度のコンクリ打ちっ放しのガレージ・倉庫区画になっていまして全体図を書けば次のようになっています。

ブログでも記事をいくつか掲載していますが、直近だと、一昨年の秋に区画2(12畳程度)の床不陸修正工事をしています。

四年前に引っ越した際、区画1の元ガレージをメインの作業部屋として、区画2を引っ越し荷物置き場兼リフォーム作業用準備部屋としました。引っ越してから半分自前でリフォームしたからです。区画2から引っ越し荷物がなくなったのは一年後のことでした。

その後区画2を少し整理して、塗装棚やフライス盤、昨年は3Dプリンタなどをおいて第二作業部屋となります。

で、区画3,4、5(上の画像では区画2になってますが間違い。画像で右側の部分です)、木材とか金属破片とか雑誌の置き場所とか、雑然とした物置として人生を送っておりました。

で、このたび、区画3,4を整理し、第三の作業室としました。

けがの功名というわけでもないのですが、以前からなんとかしたいと思っていて、あとは、最近嵌まってしまった自転車整備のためのスペース確保を考え始めたからです。

なお区画5(上の画像では区画2になってますが間違い。画像で右側の部分です)は、二階の風呂ユニットの底が下に降りていて高さ1m20cm程度の箇所があったり、下水、排水パイプが配管露出していたり、図にあるように床浸みが一部見られる(この点への対策は一年ほど前に記事にしています)等々があって、今後も物置人生を送ってもらうつもりです(すまん)。

最初は軽い気持ちではじめたのですが、思いの外、大工事となりました。プランとしては、区画2にある電動工具類をほぼすべて区画3、4に移し、木材を切ったり鑢ったり、ボール盤で穴を開けたりという、切りくずがたくさん出る作業はそこでやる。

埃が少なくなる区画2には3Dプリンタ、CNCフライス盤、塗装コーナーだけ残し、作業台でPCを弄れるようにする。また電子工作用測定器は区画1から区画2に移す。

電子工作メインだった区画1は、プリント基板等のCADと半田付けスペースのみ残し、あとは自転車を置けるように!する。

棚をあれこれ外したり打ち付けたり、照明固定用の板を天井につけまくったり(ハンマードリルで埃まみれ・・)、気がついたら如月が過ぎ、弥生も終わりに近づくという日々でありました。

なお工事にかかった費用ですが、0円。断捨離しない人生は、使い回しが出来るのがすばらしい。

さっき写真を撮りましたので記録として残しておきます。

新設?の第三作業室は下のようになります。壁奥に電動工具一式を並べました。写真左側が新しく設置した作業台です。写真では見えにくいですが左の壁際にボール盤が置かれています。床は以前リフォームでゴミとして出た四角のフロアカーペットを裏返して(ゴム部分を表にする)接着剤でコンクリート貼付。音がないと寂しいので、MacBookを壁に設置(でもこれはLocalなiTuneサーバなので常に通電してます)。

なお手前のフクロウの置物のある区画3は次のように棚で区切ってます。

 

第二作業室は次のような感じになりました。作業台をあえて斜めに設置し、モニタ用アームを作業台に固定しています。デスクワークがやりやすいように、天板を新しくして、水性ニスを三度塗りしました。これで油とかコーヒーをこぼしてもシミになりにくい。

奥の方から写した写真。ごちゃごちゃしております。

いろいろ移動したので、かなり隙間が空きました。うれしい。

電子機器(オシロやファンクションジェネレータなど)も作業室1から作業室2の角の机に移動しました。なぜか、振れ取り台が机の上を占拠してますが、これは作業室1に移動させます。

 

作業室1の現在の様子。電子工作部品箱の一部は区画3に移動しました。

この冬にオーバーホール作業をしたパナソニックのチタンバイクは、雪解けとともに外での試乗も終了しました。数十キロしか走ってませんが、メインバイクになる予感。

部屋の奥にある机は、今や自転車メンテ作業机化しているような・・。

で、なぜか部屋の左奥には、怪しいカーボンフレームが・・・。(うむ、この項、続く)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする